赤田

赤田

圃場別の酒造りを行い地元を活性化!
土地毎の色を出そうと動き出したプロジェクト

柏崎周辺のかけがえのない景色を守るために酒蔵としてできること、地元の勤め人にはできなくて、僕たち酒蔵だからこそ大いに貢献できること、それは “農業”であり地元のお米をたくさん買って酒に変換していくことだと考えます。

耕作放棄地は毎年とても多く発生しています。米どころと言われる新潟でもです。
耕作放棄地は生まれるだけでも周りの田んぼにも迷惑がかかります。何よりも景観が大きく変わってしまいます。
山側で耕作放棄地が発生すると山と里の区別がなくなってしまい動物が人の住むエリアに山だと勘違いし、入ってきてしまいます。

酒の原料は米です。農家さんが米作りをやめてしまうと、私達は酒造りができなくなります。今担い手不足の多い農業ですが、僕たち酒蔵として今できることを続けていけばきっと米農家さんも担い手が続くはずです。

さらに地元の米を使い続けることができれば、素晴らしい柏崎の景色も守ることができます。地元新潟県産米の使用比率は先代からずっと100%です。6代目の代では新潟県産100%→柏崎周辺地域100%を目指し活動をしています。 現在、契約農家様の甲斐もあり65%程が柏崎周辺地域の米になっています。

僕が蔵に戻ってから、現在6年が立ち少しずつ柏崎周辺地域の農家さんと出会うことができ、みなさまのお陰もありこのようなプロジェクトを行う所まで来ました。柏崎を含む柏崎刈羽地域は海沿いから里、山沿いとても景色が様々な地域です。当然田んぼのある景色も全く違います。それを酒で伝えることはできないかと始まったプロジェクトが圃場別プロジェクトです。

6代目 阿部 裕太

圃場別第二弾

赤田(アカダ)
赤田地区は柏崎の隣”刈羽村”にあります。

刈羽村と柏崎は切っても切り離せない縁が深いつながりがあります。鋭い方はこれで察してください。
そして何よりも山を挟むことなく陸続きなので、昔から教育や商業、職場など同じ商圏内に当たる為、人の行き来も多いです。

この刈羽村で農業を盛り上げようと頑張っている農家さんが今回タッグを組む孫作を営む水品栄人さん

もう4年のお付き合いで、当社は変わらず五百万石を生産していただいてます。
当社の製造数量がまだまだ多くない為、単一で仕込むことができず、いつか赤田圃場の五百万石だけで酒を醸し、先の小清水同様、赤田地域の人たちの誇れる商品になればいいなと思います。

現に、先日赤田地区に米の生育状況を見に行ったところ、赤田圃場のぼり旗を見て、ここの田んぼの酒ができるのかと水品さんの元を訪ねてくる赤田地区の方も多かったそうです。

そういう声を聞くと本当にこのプロジェクトやってよかったなと思うし、柏崎・刈羽村の人達のおらが自慢を酒でしてもらえたら本当に嬉しいし、うちの蔵が柏崎に構え酒を造っている意義があるなと感じる今日この頃です。

柏崎・刈羽地区というのは車で2時間もあればくまなく全エリアを回れますが、本当に景色に富んだ地域です。それを酒でこれからも伝えるべく、この圃場別シリーズは展開したいと思います。
▲赤田圃場ストリートビュー

<<赤田 2018ビンテージ>>
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
 →全量刈羽村赤田産五百万石100%使用
Alc 15度原酒(生詰)
精米歩合:非公開(年によってお米の取れ高が変わるため、磨きの割合も年によって変動します)
容量 1800ml/720ml
価格(税抜):1800ml 3,250円/720ml 1,730円

<<赤田2019ビンテージ>>
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
→全量刈羽村赤田産五百万石100%使用
Alc 16度原酒(生詰)
精米歩合:非公開(年によってお米の取れ高が変わるため、磨きの割合も年によって変動します)
容量 1800ml/720ml
価格(税抜):1800ml 3,400円/ 720ml 1850円