こだわり(原料編)

こだわり(原料編)

酒造りへのこだわり

米のこだわり
地元の米×地元の水=地酒という考え

当蔵は地元の米・地元の水を用いて酒を醸したいと考えます。米には等級が付いていて、今当蔵が酒造りで用いている米より向いている酒米はたくさんあるのかもしれません。ですが、当蔵は地元産の米にこだわろうと考えます。

その方がより地酒という言葉にしっくりくると考えているからです。

米の品種
五百万石(ごひゃくまんごく)
越淡麗(こしたんれい)
etc

地元で最も生産されている五百万石を用いての醸しが中心です。今検討しているのはコシヒカリなどの飯米です。乞うご期待。

仕込み水
柏崎市と上越市にある米山山系の水と柏崎市の黒姫山系の水を用いています。